×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


その10.21世紀のグッズ

2003年10月12日、日本万国博覧会記念協会は、政府の行政改革の一環として、
独立行政法人日本万国博覧会記念機構として、再スタートを切り、記念事業として、
万博公園「魅力!再発見」をテーマに、様々なイベントが開催されました。

その際に、『鉄鋼館』で開催された『マニアEXPO‘70』というイベントで
発売されていた、1970年当時のバッジを購入しました(1個300円)。



このバッジを、普段から身近に置いておきたいが、
“バッジ”では衣服に取り付けるのもどうかと思い、
2個買ったこともあって、1個を携帯電話用のマスコットにしてみました。



まずはバッジの背面のピンを、ラジオペンチを用いて、曲げて抜き取ります。



次に0.8mm径のメッキ線を、背面のピン穴に合うように、
3角おにぎり型に細工すします。(ラジオペンチで手作りしました。)



メッキ線の切れている部分をピンの穴に入れて、
3角金具全体を、バッジ本体に瞬間接着剤で固定します。
さらに、がっちり留めたいときは、エポキシ系2液混合接着剤で固定します。



表から見ると、3角おにぎりの頭が出たような状態で、
この部分にリングを付けたら、マスコットの出来上がりです。

 

携帯電話に取り付けたところです。邪魔にもならず、とっても気に入っています。

実は、これ以前は、



“太陽の塔”を付けていたのですが、ポケットに入れると
電話を出すときに、腕の部分が邪魔になっていました。

記念機構も、こういうグッズを売り出したら結構イケると思うのですが。
レジャーマットもいいけれど(笑)。


[2004/10/03 追記] 何と、2004年の「マニアEXPO」では、   記念機構に製品化されてしまいました!。 各日、限定50個。 と、いうことで、1個、買ってしまいましたが、 1000円は高すぎです。