×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

1.大阪歴史博物館

大阪市中央区、難波宮跡に2001年11月にオープンした「大阪歴史博物館」に、
以前、大阪城天守閣前にあった「大阪市立博物館」に常設展示されていた
「タイムカプセル」が、移設されています。

 

大阪城天守閣前「旧大阪市立博物館」では常設展示品になっていて、入場料を払って、
展示室に入らなければ見ることが出来なかったのですが、
現在は展示室ではなく、馬場町交差点側の角に、
ガラス張りの展示コーナーが設けられ、いつでも見ることが出来、
さらに、建物外からも見られるようになりました。
(夜はライトアップされています。)

 
馬場町交差点から

「旧大阪市立博物館」では、「タイムカプセル」と一緒に、
収蔵物の一部とパネル展示などがありましたが、
現在は、カプセル本体と説明のパネルが1階に、
収蔵品の一部は、7階常設展示「大大阪の時代」−「博覧会と大阪」にあります。

・1階

 



 

現在は、展示室内の展示品ではないので、
体を伸ばせばカプセルに触ることも出来ます。
(但し、外から丸見え。)

・7階

 

 



 



こちらは常設展示ですので、
600円(大人)の入場料が必要です。

【関連リンク】
『大阪歴史博物館』←なぜかタイムカプセルの事は紹介されていません

2006/01/07 追補