×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

4.大阪城公園

「タイムカプセル」のホンモノは、大阪城公園に埋設されています。

 

北緯 34°40′58″526
東経 135°31′42″718
標高 31.159m

天守閣の南側、モニュメントと記念のプレートが目印です。

 

これらの金属プレートは、EXPO’70開催から1年後、
1971年3月15日のタイムカプセル埋設当時からの物です。



こちらの写真入りの案内板は、2000年11月に2号機が点検、埋め戻し後、
設置されたようです。


閑話休題。

このサイト開設のきっかけになった、2000年春に開催された、
“特別展「万博開封 タイムカプセルEXPO’70と大阪万博」”の舞台、
「旧大阪市立博物館」の建物は、今もそのまま残されています。

 

以前、特別展の案内などが掲示された所には、「もと大阪市立博物館」として、
その歴史が紹介されていました。



これからも出来る限り残して欲しい建物です。

【関連リンク】
『タイムカプセル』
『旧大阪市立博物館』