21世紀 万博遺跡の旅


2003年 夏。
冷夏、冷夏と言われていたのに、9月なったら、
連日の最高気温が35℃を越える猛暑。

そんな残暑の中、万博記念公園に行って来ました。

目的は、国立国際美術館で開催された
『近作展29 ヤノベケンジ MEGALOMANIA』。
(会期 2003年8月2日〜9月23日)

1965年生まれのヤノベ氏は、万博が終わった後に取り壊されてゆくパビリオンを
小学生の時に見て「未来の廃墟」を感じ、
その時の印象が元になって、今の作品に繋がっているという。

今回の近作展では、あの「エキスポタワー」関係の作品もあるようで、
ネット仲間「みーの」さんに教えて頂きました。
(ありがとうございました>みーのさん)。

本格的な「万博散策」は、2年9ヶ月ぶり。
大阪在住でありながら、まったくの無精者ぶりです(苦笑)。


このコーナーでは、写真をクリックすると 大きなサイズの写真が表示されます。 写真は下手ですが(^_^;)。